【新着記事】仕事ができる人あるある15選

職場で幼稚な嫌がらせを受けている…効果的な6つの対処法を解説!

プロモーションが含まれる場合があります。
職場で幼稚な嫌がらせを受けている…効果的な6つの対処法を解説!
  • URLをコピーしました!
SOSSU

こんにちは!
運営者のSOSSUです。→プロフィール

職場での人間関係って、実は仕事そのもの以上にストレスや悩みに繋がることが多いですよね。

特に、職場での幼稚な嫌がらせと言ったら、、、

「いい歳して、お前は小学生か?」

こんな風にも言いたくなりますよね。

SOSSU

世間でも同じようにお悩みの方は少なくないようです。

今回の記事では、職場で幼稚な嫌がらせを受けたときの対処法について、実際に役立つ方法を具体的にご紹介します。

嫌がらせを受け流すコツや、相談すべき窓口など、知っておくと心強い情報満載です。

あなたの職場ライフが少しでも楽になるようお手伝いできれば嬉しいです。

この記事でわかること
  • 職場での幼稚な嫌がらせへの対処法
  • 嫌がらせしてくる人の末路
  • 外部の相談窓口の情報
SOSSU

職場で幼稚な人ばかりに囲まれてお困りの方はこちらの記事を参考にしてくださいね。

目次:読みたい部分からどうぞ
スポンサーリンク

職場での幼稚な嫌がらせとは?

職場での幼稚な嫌がらせとは?

職場での幼稚な嫌がらせとは、まるで小学校のいじめの延長のような行動です。

以下のような「本当に社会人か?」と思ってしまうような幼稚な行動です。

  • 無視・仲間外れ
  • 悪口や陰口
  • 事実無根の噂話を広める
  • 聞こえるように嫌味を言う
  • デスクにゴミなど不要物を置く

このように、まるで学校のいじめのようなことが起こることがあります。

他にも、会議で発言を遮られたり、人前で侮辱されたりということもあるようです。

こんな環境だと、安心して仕事に集中するなんてほぼ不可能な話です。人を無視したり、事実無根の噂を広めるなど、信じられないような行動を取る人が本当にいるものです。

こんな嫌がらせが日常的に行われる職場で、モチベーションを保って働くことは非常に難しいです。

メンタルにも多大な影響を与えてしまいます。日々のストレスが溜まって、体調を崩してしまうこともありますし、最悪の場合、仕事を辞めざるを得なくなってしまうこともあります。

こんな小学生みたいな社会人のせいで、キャリアに悪影響を与えられてしまうことがあるのです。

スポンサーリンク

幼稚な嫌がらせをする人の末路は?

幼稚な嫌がらせをする人の末路は?

このような幼稚な嫌がらせを続ける人は、長期的に見て決して良い人生を歩むことはありません

どんな職場でも見る人はみています。彼ら、彼女らは周囲からの信頼を失い、最終的には職場内で孤立していくでしょう。また、上司や同僚からの評価も低下し、要なプロジェクトから外されたり、昇進の機会を逃したりすることは避けられないでしょう。最悪の場合、懲戒処分や解雇といった厳しい措置が取られることもあります

嫌がらせをすることで一時的な満足感を得るかもしれませんが、その代償は非常に大きいのです。

また、こうした行動を続けると、自分自身にも精神的なストレスを抱えてしまいます。他人に向けられたものであっても、その攻撃性や負の感情は自分にも返ってきます。心身ともに疲れ果て、職場でのパフォーマンスやモチベーションも低下し、仕事を続けるのが辛くなってしまいます。

最終的には、幼稚な嫌がらせをすることで得られるものは何もなく、長期的には自分自身を追い込むことになります。

スポンサーリンク

職場で幼稚な嫌がらせを受けた時の対処法

職場で幼稚な嫌がらせを受けた時の対処法

職場で幼稚な嫌がらせに遭うと、本当に心が折れそうになりますよね。

しかし、こんな小学生みたいな人たちに屈してはいけません

なんとか自分に出来ることを探して行動に移してみることが大切です。

職場で幼稚な嫌がらせを受けた時の対処法は以下の6つです。

  • 堂々とした毅然とした態度で振る舞う
  • 相手を褒めてみる
  • 記録をつけ、証拠を集める
  • 信頼できる家族や友人に相談する
  • 相談窓口を利用する
  • 転職を検討する
SOSSU

順番に解説します。

堂々とした毅然とした態度で振る舞う

堂々とした毅然とした態度で振る舞う
冷静に堂々と対応しよう

堂々とした毅然とした態度で対応しましょう。

嫌がらせをする人は、あなたが怯えたり動揺したりする姿を見て楽しむことが多いです。だからこそ、相手に負けずに堂々とした態度で振る舞うことが重要です。

例えば、嫌がらせを受けたときには深呼吸をして冷静さを保ち、しっかりと目を見て話すこと。自信を持って、自分の考えや立場をしっかりと主張しましょう。

冷静に「その言い方はちょっと失礼じゃないですか?」などと伝えるだけで相手の態度が変わることがあります。

後述しますが、幼稚な嫌がらせをしてくる人は自分に自信がない人です。

このような堂々とした態度によって、「この人には嫌がらせは通用しない」と感じ、次第に嫌がらせをやめるかもしれません。

相手を褒めてみる

相手を褒めてみる
幼稚な嫌がらせをしてくる人は自分に自信がない

嫌がらせをしてくる人を逆に褒めるというのは、意外に効果的です。

嫌がらせをする人は、実は自分に自信がなかったり、他人の評価を気にしすぎていることが多いです。

そんな時、あえてその人を褒めてみるのも一つの手です。

SOSSU

例えばこのような感じです。

  • 「〇〇さんのおかげで、うまくいきましたね」
  • 「いつも丁寧に仕事をされていますね」

こういった声掛けにより、相手の攻撃性や嫉妬心が和らぎ、あなたに対する態度が改善することがあります。幼稚な嫌がらせをする人は実は自己肯定感が低いことが多く、褒められることで気持ちが和らぐのです。

結果的に、相手が幼稚な嫌がらせをする気がなくなる可能性があります。

SOSSU

お局対策としても効果的です。詳しくは以下の記事にまとめています。

記録をつけ、証拠を集める

証拠を集める
記録は第三者に相談する際に重要

悪質な嫌がらせが長期間にわたって続く場合には、証拠を集めることが大切です。

具体的には、嫌がらせの内容や日時、場所、そして可能であれば目撃者の名前などを詳細に記録しておくと良いでしょう。また、メールやメッセージでの嫌がらせがある場合には、その内容を保存しておくことも重要です。

こうした証拠は、上司や人事部、または外部機関に相談する際に非常に有効ですし、自分を守るための重要な手段になります。

また、声での嫌味やパワハラ的な行為がある場合には、ボイスレコーダーで録音することで重要な証拠になります。小型のボイスレコーダーであれば相手に気づかれずに録音可能なので、お守り代わりに常備しておくことをオススメします。

上司や人事・総務などに相談する

上司や人事・総務などに相談する
問題を認識してもらうことが大切

嫌がらせを受けたら、一人で抱え込まず、信頼できる上司や人事・総務部に相談することを検討しましょう。

具体的な証拠を持って相談すると、真剣に対応してもらえる可能性が高まります。
場合によっては、直接的な介入や配置転換などの措置が取られることもあります。

職場の問題を改善させるためには、問題を表面化させることが必要です。あなた一人が悩むのではなく、周囲の協力を得ながら解決を目指しましょう

信頼できる家族や友人に相談する

信頼できる家族や友人に相談する
あなたは一人じゃない

職場で幼稚な嫌がらせを受けていると、メンタル的に本当にしんどいですよね。

そんな時こそ、信頼できる家族や友人に相談するのが大切です。

例えば、家族との夕食時や、友人とカフェ行った時などに、職場での嫌がらせについて相談してみましょう。それだけで気持ちがすごく軽くなるはずです。あなたのことを一番よくわかっている人たちなので、的確なアドバイスや優しい励ましをもらえることもあるかもしれません。

さらに、家族や友人に相談することで具体的なアクションプランを立てやすくなります。例えば、家族と一緒にどう対処するか考えたり、友人に法律相談の窓口を紹介してもらったりすることで、嫌がらせに対する対策が現実的になります。

結局のところ、信頼できる友人や家族に話をすることで、精神的な支えを得られますし、具体的な対策を考える助けにもなります。家族や友人のサポートを受けて、職場の職場の嫌がらせにもポジティブに立ち向かいましょう。あなたは一人じゃないんです。

相談窓口を利用する

相談窓口を利用する
いざというときは相談窓口のご利用を

職場内での相談が難しい場合や、解決が見込めない場合には、外部の相談窓口を利用することも検討しましょう

例えば、厚生労働省の総合労働相談コーナーこころの耳などが挙げられます。または、会社の労働組合や相談窓口があれば、それを利用するのもいいでしょう。相談前に、「記録をつけ、証拠を集める」で前述した記録や証言があれば、より具体的な相談をすることが出来ます

厚生労働省「総合労働相談コーナー

厚生労働省の総合労働相談コーナーでは、解雇、雇止め、配置転換、賃金の引下げ、募集・採用、いじめ・嫌がらせ、パワハラなどのあらゆる分野の労働問題を対象としています。
リンク先のページに各都道府県の窓口の電話番号・住所の記載してありますので、確認してみてくださいね。

厚生労働省「こころの耳」

厚生労働省の「こころの耳」は、働く人のメンタルヘルスに関する総合ポータルサイトです。

「電話・SNS・メール」と各手段から匿名で相談可能となっており、働く人へ向けた各種相談窓口の一覧も掲載されています。メンタルやストレスのセルフチェック等、情報面でも非常に充実しています。
相談窓口情報はこちらから確認してみてください。

転職を検討する

転職を検討する
転職エージェント利用がオススメ

どうしても嫌がらせが解決せず、精神的に限界を感じる場合には、転職を視野に入れることも一つの選択肢です。

新しい職場で新たなスタートを切ることで、ストレスから解放され、より良い環境で働くことができるかもしれません。人生は一度きり、自分にとって最善の選択をする勇気を持ちましょう

SOSSU

転職活動は活動するだけなら一切リスクがありません。

まずは、転職エージェントに相談するのが最もオススメです。

初めて転職活動する場合「何からすれば全くわからない」という方も少なくない思いますが、以下のようなサポートを無料で受けることが出来ます。

  • 非公開の優良企業情報
  • 志望動機や職務経歴書等の作成のサポート
  • 適正のある仕事の相談
転職エージェントに相談するのはまだ早いかな、と考える場合はミイダス 等のサービスで自分の市場価値や適正を調べてみることをオススメします。

このような転職活動を通じて、自分のキャリア・人生について向き合ういい機会になります。

嫌がらせから解放されるだけでなく、ステップアップのチャンスは確実に広がっています。

「本当にやりたい仕事は何か?」
「どのような職場環境が自分に合っているか?」

「今後、どのような人生を歩んでいくべきか?」

職場で嫌がらせをされる状況はとてもつらいですが、自らの行動次第で、今の辛い状況をチャンスに変えていくことも可能なはずです。

まとめ

今回は「職場での幼稚な嫌がらせ対処法」を記事にしてみました。

職場での幼稚な嫌がらせは誰にでも起こりうる問題ですが、適切な対処法を知っていれば、乗り越えることが出来るはずです。。

堂々とした態度で立ち向かい、信頼できる同僚や上司、そして家族・友人に相談してみましょう。

必要に応じて証拠を集め、外部の相談窓口を利用することも重要な選択肢です。

そして、どうしても解決が難しい場合には、転職という選択肢も視野に入れてみてくださいね。

「ピンチはチャンス」だと信じることで、状況を好転させる勇気を持てるはずです。

SOSSU

最後に記事のまとめです。

職場での幼稚な嫌がらせとは?

代表的なものは以下のような行為です。

  • 無視・仲間外れ
  • 悪口や陰口
  • 事実無根の噂話を広める
  • 聞こえるように嫌味を言う
  • デスクにゴミなど不要物を置く
幼稚な嫌がらせをする人の末路は?

長期的にみていい人生を歩むことはない。
得られるものは何もなく、自分自身を追い込むことになる。

職場で幼稚な嫌がらせを受けた時の対処法は
  • 堂々とした毅然とした態度で振る舞う
  • 相手を褒めてみる
  • 記録をつけ、証拠を集める
  • 信頼できる家族や友人に相談する
  • 相談窓口を利用する
  • 転職を検討する
SOSSU

最後までお読み頂きありがとうございました!

コラム風 ブラック企業 リフレッシュ 人間関係 休日 就職 成長 朝活 考え方 職場 転職 運動

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次:読みたい部分からどうぞ