【オススメ】社内ニートは勝ち組なのか検証

人生や会社で色々疲れた時、絶対に前向きになれる神映画ベスト3

プロモーションが含まれる場合があります。
元気がないときに見たい映画
  • URLをコピーしました!
目次:読みたい部分からどうぞ
スポンサーリンク

落ち込んだ時は映画を見よう

会社員やってると色々ありますよね。

人間関係、残業、満員電車での通勤に憂鬱な会議、、、

わかります。めちゃくちゃわかります。

疲れた自分をなんとか奮い立たせ、明日から前向きに頑張るために出来ることはなんだろう?

そうです。映画です。

僕は過去に何度も映画に救われてきました。

(特にしんどかった時期は毎週のように、休日の早朝から無理やり行ってました、、)

そんな僕が過去にみてきた数多くの映画の中からこれぞという作品を3本をピックアップしました。

こんな人にオススメ!
  • 会社・仕事で疲れた、落ち込んでいる。
  • 元気や勇気が湧いてくる映画が観たい。
  • 仕事や会社をテーマにした映画が観たい。

どれも疲れた社会人・会社員の方々に特に刺さる内容になっているはずです。

SOSSU

収益化とかそういうのマジで何も考えず、心からオススメ出来る作品をピックアップしました!

見終わった後は元気が湧き出て前向きになれること間違いなしのセレクトです。

それでは御覧ください!!

1.幸せへのキセキ(2012年)

映画「幸せへのキセキ」

マット・デイモン主演。

実話にを元にしたヒューマンドラマです。最愛の妻を亡くし、思春期の息子との関係性に悩むベンジャミン。

人生と家庭の修復のため、動物園付きの広大な家を購入します。

経営難の動物園のオーナー、反抗的な息子との関係に悩みながらもベンジャミンは困難を乗り換えていきます。

Goodポイント
  • とにかくストーリーが最高。
  • 家族・動物・仕事と三拍子揃った要素を完璧に融合させている。
  • 崖っぷちからの大逆転。
SOSSU

あなたの求めている映画がここにありますよ!
勇気をもらえる映画です。

2.LIFE!(2014年)

映画「LIFE!」

ベン・スティラーが監督と主演を務めるコメディ/アドベンチャー。

平凡で臆病な男ウォルターは、雑誌「LIFE」の写真を管理するという小さな部署で毎日代わり映えのない日々を過ごしている。

ある日「LIFE」誌の写真のネガをなくしてしまったことを機にネガを探すために壮大な旅に出る。

Goodポイント
  • 共感ポイントがめっちゃ多い。代わり映えのしない毎日、嫌味な上司、勇気を出せない自分etc..
  • 特に雄大な自然の風景が素晴らしい。旅行に行く時間が確保出来ない方もぜひ。
  • 旅を経た主人公の成長に勇気をもらえる。
  • ショーン・ペンかっこいい。
SOSSU

20代の時劇場に見に行きました。その時も面白いと感じたんですが
30代になって色々悩んでる時にもう1回レンタルで観たらめちゃくちゃ印象変わりました。表現が難しいんですが、、なんか染みるようになったんですよね。上手く言えませんがオススメです!!

3.マイ・インターン(2015年)

映画「マイ・インターン」

アン・ハサウェイ&ロバート・デ・ニーロ主演。

アン演じるジュールズはファッションサイトを運営するCEO。

何百人もの社員を束ねる彼女の会社に、ロバート・デ・ニーロ演じる70歳の新人インターン(研修生)ベンが入社します。

若くして華やかな成功者となったジュールズですが、公私共に様々な試練に直面します。

そんなジュールズを人生経験豊富なベンがサポートし、ジュールズは困難を乗り越えていきます。

Goodポイント
  • 公私共にめちゃくちゃ大変ですが、健気に頑張るジュールズに感情移入してしまいます。
  • 70歳ベンの経験豊かな包容力!そして仕事力も神。
  • ジュールズとベンの上司と部下でもなく、親子でもない絶妙な関係性!
SOSSU

ジュールズとベンの関係性がとてもよいです。
ベンが70歳の新人という立場にも関わらず、みるみる内に一目置かれるようになる立ち回りは凄いです。転職などで中途から馴染む難しさを知ってる方はより凄みを実感出来ると思います!

まとめ

いかがでしたか?

今回ご紹介した映画を鑑賞してもらえれば、明日から前向きに頑張れることを僕が保証します!

SOSSU

旅行に行く時間も余裕もない、人に会うのも面倒くさい
そんな時には映画が1番!!

会社で絶対に前向きになれる神映画ベスト3

  • 幸せへのキセキ
  • LIFE!
  • マイ・インターン

コラム風 ブラック企業 リフレッシュ 人間関係 休日 就職 成長 朝活 考え方 職場 転職 運動

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次:読みたい部分からどうぞ